農薬サヨナラ米プロジェクト!
農業体験       「お米の、家倉」トップページ
農薬って、実は散布する僕たち自身に、一番害があるんです。


大学1回の春、田植えを手伝いに大阪から帰省していた僕に、
事故は起きました。
田植え機に乗っていた
僕の目に、農薬の苗箱施用剤が・・・
(春の田植え時期は、毎日のように強い風が吹いてます)


この白い粒が悪魔の箱施用剤

この農薬、稲の癌いもち病と害虫対策の殺菌殺虫剤です
予防薬として、中山間地の小谷では、必須とされています・・・



苗箱は、運転席の前にあるので、
向かい風の時には、箱施用剤が僕の目をめがけて飛んできます




話は戻り、

めっちゃくちゃ目がかゆかったんですけど、
「まぁ、一晩すれば大丈夫やろう」と高をくくってました。

次の日の朝、
農薬が入った右目が腫れて明かない!!
鏡を見ると、目はバンバンに腫れ上がってました。

目を明けようとすると、痛みで涙がこぼれる・・・

スグに眼科に行きました。

「なんで、昨日のうちにきてくれへんかったん??」と先生・・・

結局、この一件で、
僕の右目の視力は1.2から0.7に


その年以降も、田植え機作業はホントに嫌でしたが、
仕事ですので我慢してゴーグルで防護してました。


今年から箱まきちゃんを付けたので、
一応問題は80%ほど解決しましたが・・・

 箱まきちゃん
田植え機後部に付いてるので
薬が風で飛ばされて目に入ることはまずないです。




じゃあ、農薬なんか使わなきゃいいやん!!って?

お米の家倉は、お米の面積25f。
単純に、縦100m横2500mの面積。

これを全部無農薬で作ろうと思うと・・・

万一、天候不順で稲が病気になったら、
などのリスクを考えると、
全てを思い切って無農薬で!とは踏み切れません。

農薬は極力使いたくないけれど、
この面積をこなそうと思うと、
時間的にも体力的にも経営的にも、必要最低限は使わないと回れない・・・
ホントに、家族3人、いっぱいいっぱいのやり方です。




無農薬、本当に少しもムリ??

・・・・・

まずは可能な範囲から挑戦してみようよ!

何かを創めるには、努力と気力と体力を惜しんでは前に進まない。

農薬なんて、もちろん使いたくないし、
願わくば、農薬使ってない作物を食べたい。

農薬は、散布する僕たちはもちろん、
田んぼに生息する虫さんたちにも優しくない!

僕に優しいだけじゃなく、虫さんたちにも環境にも優しくありたい!

ということで、農薬を使わない米づくりに挑戦します。
名づけて、
農薬サヨナラ米プロジェクト

HPで経過を追跡しますので、見て下さるみなさんが証人です!
農薬サヨナラ米のご注文はこちらから
農業体験       「お米の、家倉」トップページ
おいしいお米をお届けします 〜水の都、びわ湖からおいしいお米をお届けします〜
「お米の、家倉」

〒529-0304
滋賀県東浅井郡湖北町丁野826

ホームページ:http://yagu.jp
お問い合わせ:mail@yagu.jp